2010年5月12日水曜日

ジム・トンプソンの家(サイアムスクエア/ラチャダム通り)

タイシルクで巨万の富を築き、タイのシルク王の名を欲しいままにしたジム・トンプソンは、1967年にマレーシアの高原で謎の失踪を遂げた。
セーンブーン運河沿いに建つ彼の住居はタイ北部の伝統的な建築様式で造られており、
現在は博物館として、公開されている。
内部にはトンプソンが自ら収集した多数の見術品を展示。
タイやカンボジア、ミャンマーなどアジア各地の絵画、仏象、彫刻、家具、陶磁器など、その水準は高い。

0 件のコメント:

コメントを投稿