2010年5月12日水曜日

ローズ・ガーデン

タチン川の岸辺にあり、バンコクからはバスで約1時間。その名の通り、11月~1月にかけては薔薇の花が咲き誇る。といっても、この施設のメインは薔薇ではなく、タイの文化や歴史、風俗を紹介する各種のアトラクションだ。
一番人気は15時から行われる《タイ・ヴィレッジ・カルチュラル・ショー》バンブー・ダンス、北部の代表的な民族舞踊であるフォーンレップ(爪の踊り)、ムエタイ(タイ式ボクシング)闘鶏、象の曲芸、剣術、タイ式結婚式、出家式など、タイの踊りや文化、風俗をショー形式にして見せてくれる。
園内でも、タイの各時代の衣装を展示したり、チェンマイの伝統工芸として知られる日傘や焼き物などの制作実験があったりと、見どころ満載のレジャーランドといった感じだ。
面積約24haと広いので、象や馬車、レンタサイクルなどでまわるとよい。
豊かな緑や鮮やかな花々に溢れ、のんびりと散歩するのも楽しい。また、池でボート遊びをしたり、ゴルフやテニス、乗馬などのスポーツもできる。
タイ料理店や中国料理店などレストランも充実しており、
1日十分に遊べる。

0 件のコメント:

コメントを投稿