2010年5月12日水曜日

ヴィマンメーク宮殿(王宮/デュシット/チャイナタウン)

1902年に建造された総チーク造りの宮殿で、この種の建物では、世界最大規模といわれる。
ラマ5世の別荘として建てられたが、6年間使用されただけで、その後は閉鎖されていたという。
博物館として公開されるようになったのは、1983年のこと。
各部屋には、豪華な家具や調度品、食器などが飾られている。見学の際は露出度の高い服装は避けること。

0 件のコメント:

コメントを投稿